Category Archives: コレステロールを下げる

コレステロールを下げるサプリメントって?

コレステロールを下げるために

食事でコレステロールを下げるには、脂の多い肉などの飽和脂肪酸が多い食事を控えて、野菜や海藻などの他にオメガ3と呼ばれる不飽和脂肪酸を摂り入れることが効果的と言われています。
コレステロールを下げることを考えると最も摂り入れたい成分にDHAとEPAというオメガ3に分類される不飽和脂肪酸があります。
オメガ3は体内で作ることが出来ないため食事などの外部から取り込まなければいけない必須脂肪酸です。

DHA・EPAは青魚の脂の中に多く存在する成分です。
青魚というのはサバ、アジ、サンマ、イワシ、ブリ、マグロなどが代表的です。
青魚からDHAやEPAを効果的に摂ろうとするなら生である刺し身で食べるのが1番です。
DHA・EPAは加熱してもその成分は失われにくいのですが、焼き魚にすると脂が落ちてしまうのでせっかくDHAとEPAが含まれている脂をムダにしてしまうことになります。

厚生労働省もおススメ!

DHA・EPAは厚生労働省も積極的に摂り入れることを推奨している成分であり、1日に摂るべき理想の量はというと1,000mgとなっています。
ちなみに魚をよく食べる習慣の人でもDHA・EPAの摂取量は上記の推奨値の半分以下しか摂れていないようです。
魚好きの人でも足りていないとなると日頃から魚を食べない人の場合は何か対策を考えないといけませんね。

では厚生労働省の推奨値である1日1gのDHA・EPAを青魚の刺し身で食べようとするとどのくらいの量になるのかというと、マイワシの刺し身で40g程度(約1人前)、アジの刺し身で150g程度(可食部1匹丸ごとくらい)、マグロの赤身の刺し身700g以上(約9人前の量)となっています。

これらの量を毎日食べるのはあなたなら可能でしょうか?
かなりお魚好きでしかも刺し身が大好きな方でも毎日続けるのは難しいのではないかと思います。
ましてやあまり魚を食べない人やむしろ魚が嫌いという人はどうやってDHA・EPAを摂ったらいいのか途方に暮れてしまいそうです。

DHA・EPA摂取はサプリメントが効果的

DHA・EPAを最も効率的に摂るには青魚の脂を主成分にしたサプリメントを利用するのがおススメです。
市販されているDHA・EPAサプリの多くは1日分でおよそ500mg前後のDHA・EPAを摂ることができますので、食事だけでは補いきれなかったDHAとEPAを摂るには効率的です。
しかも錠剤になっているので飲みやすく、外出先でコクンと飲むことも問題ありません。

DHA・EPAサプリメントで1番売れているのはサントリーの【DHA&EPA セサミンEX】というサプリです。
かれこれ10年以上も1番売れていることからもその人気と信頼感は抜群です。
ただし若干コスパが高めのため毎月続けるのが負担に感じるかもしれません。

最近人気の【きなり】のDHA・EPAサプリは抗酸化成分のアスタキサンチンが含まれるクリルオイルがベースになっていて、そこに血液サラサラ効果のナットウキナーゼも配合されています。
ナットウキナーゼといえば小林製薬からもDHA・EPAを配合したサプリメントが販売されています。
その他にも香醋で有名なやずやからも青魚の知恵というDHA・EPAサプリメントが発売されています。

このようにDHA・EPAサプリは種類が豊富で各メーカーで配合成分やDHA・EPAの配合量が異なっています。
また、商品の価格もバラバラなのでどのメーカーのDHA・EPAサプリがお得でコスパがいいのか?
というのは分かりにくいのが現状です。

選ぶ時の目安としては以下の項目を参考にしてみてください。
・毎月のコストを優先
・製造販売メーカーの信頼感を優先
・DHA・EPA成分量を優先

あと、DHAサプリは飲み始めてすぐに何らかの劇的な効果を感じることは稀であり、食生活をサポートするように長く続ける必要があります。
そのため含有量を優先したりして毎月の支払いコストが生活の負担になるようでは困ってしまいます。

もしDHA・EPAを飲み始めてみようとお考えであれば下記のサイトが参考になると思います。
http://dhaサプリの比較.com/

コレステロールを下げたい人のための食事について

コレステロールの数値が高いことが健康診断で判明!
コレステロールを下げるにはどうすればいいの?

コレステロール値を下げるには食事の内容と適度な運動は欠かせません。
ですのでまずは食生活の改善が必要になることと、ほとんどの方が運動不足であると思うので、
運動習慣を取り入れることが必要となります。
ここでは主にどのような食事をすべきで、どのような食事は避けるべきかを知ることから始めたいと思います。

避けるべき食事とは

コレステロールが高い人が避けるべき食事には2つあります。
それは食材自体にコレステロールを多く含むものと、血液中のコレステロールを高くする食材です。

コレステロールを多く含む食材の代表的なものとしては、卵、マヨネーズ、レバー、タコ、イカなどです。
血中コレステロールを増やす食材は、脂肪の多い肉、ポテトチップス、チョコレート、ケーキ、インスタントラーメンなどです。

すでにコレステロール値が高い人は上記の食材は極力食べないか、量を制限する必要があります。
ただ、コレステロール値に異常が無い人もこれらの食材が高コレステロールにつながることは気にするにこしたことはありません。
コレステロールを増やす食材を見てみるとお菓子好きや料理が面倒でついつい即席麺でご飯を済ませてしまうような方は要注意といえそうです。

コレステロールが高い、または高くしてしまう食材は上記のとおりですが、逆にコレステロールを下げるはたらきをする食材は無いのか?
ご安心下さい、捨てる神あれば拾う神あり、食べるだけでコレステロールを下げる効果のある食材もご紹介します。

コレステロールを下げる食事

コレステロールを下げるはたらきをする食材としては、大豆類、野菜、海藻類、青魚、えごま油、果物などです。
正直言ってあまり美味しそうと思える料理にはならなそうな食材ばかりです。
いわゆる和食ですね。
食べることが大好きな人には辛いかもしれませんが、コレステロールを高くしてしまう食材は量を減らしつつ、コレステロールを下げる食材を多めに取り入れることでバランスを取る食生活を心がけたいところです。

あの有名な「まずい!」というキャッチコピーがお茶の間に流れた
くらい、美味しくはないポイントが先行してしまったのですが、商
品の改良を継続していて、飲むのに苦労しない青汁が売り出されて
います。
栄養バランスのとれた食事をとっている生活を慣習化することがで
きれば、その結果、生活習慣病といった病をいくらかでも低減させ
ることにつながるのはもちろん、健康体でいられる、とポジティブ
なことばかりと言えます。
青汁の本質ともいえる作用は本来だったら野菜で摂る栄養分を補て
んすることで、便通を正すことで、最後に肌の荒れを予防すること
などにあるでしょう。
基本的に生活習慣病の発症は、日頃のあなたの生活スタイルにわけ
があるとされ、治療対策できるのもあなたの他に誰がいるでしょう
。専門家ができることと言えば、貴方たちが生活習慣病を治癒する
ための助言をすることだけと言えます。
お茶を入れる時みたいに葉を煮て用いるんじゃなくて、葉っぱ自体
を飲むことから、栄養度も十分で健康への影響度も高いという実態
が、青汁の人気の秘訣だと言えますね。
通常、ゴム製のボールを1本の指で押してみると、押されたゴムボ
ールはいびつな状態になる。これがいわゆる「ストレス」なのだ。
そしてまた、ゴムボールを押している指は「ストレッサ―」の仕事
をしていることになるだろう。
体調管理を怠らずに、体内バランスの何が補充を欲しているのかを
しっかりと考えてあなたに必要なサプリメントをうまく飲むように
することは、健康維持に大変有効だと思われます。
大腸の運動作用が衰えたり、筋力の弱化することで便の排出が困難
になるために起きてしまう便秘。お年寄りや若くても産後の女性に
も多いと言われています。
「だるくなったら養生する」とは、最も単純で適切な疲労回復手段
のひとつと言えるだろう。疲れたと思ったら、身体からのアラーム
を軽視せずに休暇をとるようにすることは大切だ。
話題に上ることも多い酵素というものは、一般人にとってはあやふ
やな点も多くて、本当の酵素の作用を間違って解釈していることが
いろいろとあります。
プロポリスの抗菌、または抗炎症作用というものはシミ、そばかす
、ニキビといった肌トラブルなどに効力を示し、それのみならず、
肌が劣化するのを防ぎ、みずみずしい潤いを回復してくれる作用さ
えあるという人もいるそうです。
ローヤルゼリーを摂取したが、納得できる効果を得られなかったと
いう話があります。というのも、その大半は習慣的に飲んでいなか
ったというケースや上質ではないものを使っていた結果のようです

ローヤルゼリーには40種類に上る栄養素が入っているので、栄養
価がとても優れ、多様な効果を見込めると考えられています。美容
関連、そして疲労した身体に対しても効果的だと好評を得ているよ
うです。
便の排出に重要な役割を果たすのが腹圧です。腹圧のパワーが劣っ
ていると、正常な排便が難しくなり、便秘が続いてしまうと言われ
ています。正常な腹圧の基本は腹筋以外にありません。
一般的にサプリメントとはいろいろな病を治療を狙いとしたもので
はなくて、バランスが悪くなりがちな現代の食事スタイルが原因で
引き起こされる、「取り込む栄養素のバランスの偏りを補正するた
めにサポートするもの」と認識されています。