コレステロールを下げるサプリメントって?

コレステロールを下げるために

食事でコレステロールを下げるには、脂の多い肉などの飽和脂肪酸が多い食事を控えて、野菜や海藻などの他にオメガ3と呼ばれる不飽和脂肪酸を摂り入れることが効果的と言われています。
コレステロールを下げることを考えると最も摂り入れたい成分にDHAとEPAというオメガ3に分類される不飽和脂肪酸があります。
オメガ3は体内で作ることが出来ないため食事などの外部から取り込まなければいけない必須脂肪酸です。

DHA・EPAは青魚の脂の中に多く存在する成分です。
青魚というのはサバ、アジ、サンマ、イワシ、ブリ、マグロなどが代表的です。
青魚からDHAやEPAを効果的に摂ろうとするなら生である刺し身で食べるのが1番です。
DHA・EPAは加熱してもその成分は失われにくいのですが、焼き魚にすると脂が落ちてしまうのでせっかくDHAとEPAが含まれている脂をムダにしてしまうことになります。

厚生労働省もおススメ!

DHA・EPAは厚生労働省も積極的に摂り入れることを推奨している成分であり、1日に摂るべき理想の量はというと1,000mgとなっています。
ちなみに魚をよく食べる習慣の人でもDHA・EPAの摂取量は上記の推奨値の半分以下しか摂れていないようです。
魚好きの人でも足りていないとなると日頃から魚を食べない人の場合は何か対策を考えないといけませんね。

では厚生労働省の推奨値である1日1gのDHA・EPAを青魚の刺し身で食べようとするとどのくらいの量になるのかというと、マイワシの刺し身で40g程度(約1人前)、アジの刺し身で150g程度(可食部1匹丸ごとくらい)、マグロの赤身の刺し身700g以上(約9人前の量)となっています。

これらの量を毎日食べるのはあなたなら可能でしょうか?
かなりお魚好きでしかも刺し身が大好きな方でも毎日続けるのは難しいのではないかと思います。
ましてやあまり魚を食べない人やむしろ魚が嫌いという人はどうやってDHA・EPAを摂ったらいいのか途方に暮れてしまいそうです。

DHA・EPA摂取はサプリメントが効果的

DHA・EPAを最も効率的に摂るには青魚の脂を主成分にしたサプリメントを利用するのがおススメです。
市販されているDHA・EPAサプリの多くは1日分でおよそ500mg前後のDHA・EPAを摂ることができますので、食事だけでは補いきれなかったDHAとEPAを摂るには効率的です。
しかも錠剤になっているので飲みやすく、外出先でコクンと飲むことも問題ありません。

DHA・EPAサプリメントで1番売れているのはサントリーの【DHA&EPA セサミンEX】というサプリです。
かれこれ10年以上も1番売れていることからもその人気と信頼感は抜群です。
ただし若干コスパが高めのため毎月続けるのが負担に感じるかもしれません。

最近人気の【きなり】のDHA・EPAサプリは抗酸化成分のアスタキサンチンが含まれるクリルオイルがベースになっていて、そこに血液サラサラ効果のナットウキナーゼも配合されています。
ナットウキナーゼといえば小林製薬からもDHA・EPAを配合したサプリメントが販売されています。
その他にも香醋で有名なやずやからも青魚の知恵というDHA・EPAサプリメントが発売されています。

このようにDHA・EPAサプリは種類が豊富で各メーカーで配合成分やDHA・EPAの配合量が異なっています。
また、商品の価格もバラバラなのでどのメーカーのDHA・EPAサプリがお得でコスパがいいのか?
というのは分かりにくいのが現状です。

選ぶ時の目安としては以下の項目を参考にしてみてください。
・毎月のコストを優先
・製造販売メーカーの信頼感を優先
・DHA・EPA成分量を優先

あと、DHAサプリは飲み始めてすぐに何らかの劇的な効果を感じることは稀であり、食生活をサポートするように長く続ける必要があります。
そのため含有量を優先したりして毎月の支払いコストが生活の負担になるようでは困ってしまいます。

もしDHA・EPAを飲み始めてみようとお考えであれば下記のサイトが参考になると思います。
http://dhaサプリの比較.com/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>